リサイクルショップを活用しよう



 

家電リサイクル法

みなさんも一度は耳にしたことのある家電リサイクル法。それではこの家電
リサイクル法とはどのようなものなのでしょうか。
そこでこのページでは家電リサイクル法のことについて詳しく紹介していき
ますので、家電を処分する時にはぜひ、参考にして下さいね。

 

家電リサイクル法って?

平成13年4月1日にできたリサイクルの法律になります。
一般家庭などから出された、エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機の5種類
の家電製品が対象になります。この5種類の家電製品から、使用出来る部分や
材料をリサイクルするために生まれた法律です。
今ではさまざまなものがリサイクルの対象となっています。トナーもその一つ。

リサイクルトナーが数多く販売されているので一度は確認しましょう!

 

家電リサイクル法の目的

この家電リサイクル法が出来るまでは、一般家庭から出される家電製品というの
は、ほとんど埋め立てられていました。しかし埋める場所にも限度がありますよね。
また、出される家電製品の中には使用出来る部分や材料をリサイクル出来る部分
もたくさんあるのに、埋め立てていては環境にもよくないですし、もったいないです。
出来る限り、クリーンな環境を作り、使用出来る部分はリサイクルし廃棄物を減らす。
このことを実現させるために、家電リサイクル法が誕生したというわけです。

 

家電リサイクル法の流れ

エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機の家電製品は、順番に引き取られて
リサイクルされていきます。
しかし、廃家電を集めて、リサイクルするには費用がかかります。
そこで家電リサイクル法では、家電小売店に収集と運搬の義務を、家電メーカーな
どにはリサイクルを行う義務を、家電製品を使った消費者がそのための費用を負担
するという役割分担を決定しました。

 

家電リサイクル法の効果

家電リサイクル法が出来たことで、家電メーカーは、出来る限り長く使用出来る家電
や、もし廃家電にする場合でもリサイクル出来る物などと配慮した製品の開発が進
められています。それでは下記に電気メーカーがリサイクルのために行っている
工夫をみていきましょう。

・部品の数を出来る限り少なくした家電製品を作ること
・長い期間使用しても傷みくい部品を使うこと
・リサイクルしやすい部品や部材を使うこと
・修理技術者の人員の確保と養成に励むこと

 

リサイクルする際の役割について

消費者(使った人)

消費者は、エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・テレビ・洗濯機の家電製品を出す場合は、
その家電製品を購入した家電小売店へ持っていかなければなりません。
家電小売店へ持っていく際に費用がかかります。
消費者の支払う費用は、収集・運搬料金とリサイクル料金の合計金額になります。

・収集・運搬料金
各業者によって変わりますので、事前に確認して下さいね。
・リサイクル料金
エアコン 3,675円、冷蔵庫 4,830円、テレビ 2,835円、洗濯機 2,520円

家電小売店(売った人)

消費者から廃家電を引き取る時には、管理票を発行して、その管理票の写しを消費
者に渡します。

家電メーカー等(作った人)

リサイクルするときは、エアコンなどに含まれる冷媒フロンを併せて回収し、破壊し
ます。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2016/7/28

 

 


町並み
Copyright (C) リサイクルショップを活用しよう  All Rights Reserved  このサイトはリンクフリーです